20代考える結婚相談所

出会いが少ない現代人

現代人は出会いが少ないと嘆いている人が多いのですが、「出会い」自体はそう少なくありません。 人里離れた場所で、独立した行動をとっている人は例外中の例外ですが、人口が少ない地域であっても、独身の人がまったくいないということはありません。 職場に若い人がいないという人がいますが、若い人はいなくても、若い人の親はいます。 仮にそれがなくても、通勤や買い物などで異性と出会わないということはないのです。
とはいうもののそのような場合、接点というものがありませんので何らかの形で自分から行動するしかありません。 紹介してもらえるように行動したり、自分から実際に声をかけてみるといった行動ですが、それらは少なからず勇気が必要であり、リスクを伴うことがあります。 ナンパのようなことをしては不審者と思われますし、会社関係の紹介ですと合わなかった場合人間関係がこじれるかもしれません。
そのようなリスクを回避するには結婚相談所という手段はかなり有効的です。 結婚相談所は基本的に有料組織です。 会員を増やし利益をあげるには、人数を集めなくてはいけませんが、ただ数だけを揃えても会社として成り立ちません。 信用がなくては悪評がたち、会員は去ってしまうのです。